予祝する和歌 「実現しました。ありがとう」とあらかじめ祝ってしまう歌

和歌にはいろんな種類があります。例えば、

①予祝する和歌 「実現しました。ありがとう」とあらかじめ祝ってしまう歌

大和には 群山あれど とりよろふ 天の香具山 のぼりたち

国見をすれば 国原は 煙立ち立つ 海原は 鴨立ち立つ

うまし国そ 蜻蛉島 大和の国は

「大和には多くの山々があるけれど とりわけ美しい天の香具山

その頂に登って国見をすれば 里にはかまどの煙が盛んに立ち上っている

海にはかもめが盛んに飛び立っている。ほんとうにうるわしの国

蜻蛉島大和の国は。」

というようにあらかじめもうその物事が実現したかのように

具体的な様子を和歌にして、実現してありがとうと行ってしまう事で

実現させるという和歌です。

②和歌は癒し、心の悩みは和歌にたくして捨ててしまう

和歌は癒しで、心の悩みは和歌に託して捨ててしまうという和歌もあります。

もののふの 八十氏河(やそうぢがは)

の網代木(あじろぎ)に いさよふ波の 行く方知らずも

宇治川の網代の木にただよう波のように

宮仕えの身の行く末は

どうなるかわからないものだ。264 (柿本人麻呂)

宮中に仕える大宮人、宮仕えの悲哀ともいえるような和歌ですが、

和歌は形があるので、その鬱々した気分が歌のうちに留まり、

その言霊は永遠に死なないために、人間の心の悲しい気分は

消し飛んでしまうというわけです。

土地の神様をほめたたえ理想の現実を引き寄せる魔法のコトバ

また土地には神さまがいるという考えから、その土地の神さまを褒め称え

お願いゴトを引き寄せるという意味も和歌にありました。

甲斐の国、駿河の国に渡って立っている富士山は、

も行く手をはばまれ、鳥も上ってゆくことができず、

(噴火で)燃える火を雪で消し、

降る雪を火で消してしまいます。

言葉ではいいつくせないほど

神秘的な神の山です。

湖も、富士山がつつんでいます。

富士川も、その源は富士の山です。

日本を鎮めていらっしゃる神の山、

宝の山なのです。駿河の国の富士の高嶺は、

どんなに見ていても飽きることがありません。

神秘的な神の山です。

夢と万葉人

相思はずは 君にはあるらし ぬばたまの 夢にも見えず

祈誓(うけひ)て寝れど 2589

[あなたは私のことを思ってはいないのね。 祈誓をして寝ても夢にあらわれないなんて]

祈誓(うけい)というのは、神に誓いをたてて寝ることで、夢の中で答えがえられるというもの