たなばたのうた

四月二十七日は父の命日なので、今年もすずらんを持ってお墓に参りも、近くなので散歩に行きました。ちょうど阪神大震災が起きた年、25年後の今年も大変な年になってまいました。

父が植えたすずらんは、毎年花をきれいに咲かせ続けてくれています。ほんとうに不思議、特に手をかけているわけでもないのですが、毎年、この季節になると、急に新しい葉がでてきて、きちんとに花を咲かせてくれて、スズランの庭は広がってゆきます。

先週は、大澤榮さんという詩人の方の詩を歌にして録音をしました。松山女子高校の吉田みどり先生のご紹介で昨年の暮れにはじめてお会いした方で、たくさんの詩をお持ちになっておられます。

その中から8作品を曲にすることになったのが1月だったのですが、海外に行った後、コロナ騒ぎが始まってしまい、最初は全くニュース付けになってしまいようやく落ち着いて自分の生活を取り戻して、CD録音と楽譜をお届けしました。その作品の一部を下記でお聴きください。また合唱曲に編曲して演奏する機会などもあればと思います。

作品一覧は次のよう

1.たなばたのうた(作詞 大澤榮 作曲 小林範子) 1:47

2.雨音のゆくえ(作詞 大澤榮 作曲 小林範子) 3:52

3.百木百花の道(作詞 大澤榮 作曲 小林範子) 2:42

4.あさぎりのきみ (作詞 大澤榮 作曲 小林範子) 2:30

5,尾瀬ヶ原 (作詞 大澤榮 作曲 小林範子) 2:11

6.未来 (作詞 大澤榮 作曲 小林範子) 3:09  

7.わたしにはわかるの (作詞 大澤榮 作曲 小林範子 3:31

8.登頂の譜 (作詞 大澤榮 作曲 小林範子) 2:54

9.しあわせのうた (作詞 大澤榮 作曲 小林範子) 3:31