スウェーデンの出産、子育て、教育〜「からふるxダイバーシティ」シリーズ「音楽で繋がる参加型レクチャー」第2回

スウェーデンでは、自分の分野に仕事がなければ新しい分野の仕事につけるよう職業訓練の機会が充実しています。派遣も正規と同一労働同一賃金の考えから、子育ての時期は柔軟に対応できるようです。また、スウエーデンの市役所では、職員の専門性を高める意味から10年は同じ部署にいて、日本のように3年ごとに変わることはないしくみです。「からふるxダイバーシティ」シリーズ「音楽で繋がる参加型レクチャー」第2回では、このような示唆に飛んだ報告を質疑応答を含めて行いました。

音楽と文化でまちづくり小林範子です。「音楽で繋がる参加型レクチャー」(令和2年度男女共同参画推進センター市民企画講座)第2回めは 自作の音楽とともにスウェーデンと日本のダイバーシテイについて考えます。今回はスウェーデン社会研究所の理事須永洋子さんにもトークに参加していただきました。

前回復習では、スウェーデンの出産、子育て、教育の流れは実によく考えられていて。スウェーデンでは子供が生まれると両親ともに育児休暇とペアレント給付金と得られ、プレスクールのシステムが一体になって、仕事をやめずに子育てができるシステムが整っています。

子育て支援に関しては、ま日本でも認可保育園、認定こども園などに多様な子育て支援が行われたり無償化の対象にもなってはきています。実際に、スウェーデンの女性の目から見た仕事はどうなっているのでしょうか。

講座の様子第一部は以下のようです。音楽でつながるということで、今日の第2部の映像のはじめと終わりの曲で鉱石の輝く様子を表現した自作ピアノ曲もお聞きください

ビデオの中で、最初に統計などの数字が古いので訂正します。年収の壁 日本では103万円以内の場合、所得税非課税という例がでましたが、それ以外に現在では、130万円の壁(保険の被扶養者になる、年金も国民年金の保険料を収めなくてよい)、150万円の壁( 配偶者控除38万円が受けられる、2018適用制度)なども加わりましたが、いずれにしても働く意欲を削ぐことにもつながりかねません。

スウェーデンでは、自分の分野に仕事がなければ新しい分野の仕事につけるよう職業訓練の機会が充実しています。派遣も正規と同一労働同一賃金の考えから、子育ての時期は柔軟に対応できるようです。

次にみた映像は、市役所職員と男女平等政策で、12000人の職員に男女平等政策を浸透させている職員を取材。プロジェクトごとに対話がおこなわれ、長期的な取組みがなされている開かれた役所と職員の働き方を取材した映像を見ながら、スウェーデンの市役所では、職員の専門性を高める意味から10年は同じ部署にいて、日本のように3年ごとに変わることはない様子や重要なことは市民と役所が何度も会議を重ねて決めてゆき、役所が一方的に決めるということはないということについて報告しました。(女性の目で見たスウェーデンの市民社会より)。

また、最後に参加してただいたスウェーデン社会研究所理事の須永洋子氏より以下の質問にこたえていただきました。

①サンボやLGBTの家庭など、日本の家族との違いを感じる短いエピソードがあれば。

②正規 非正規雇用 について伺います。スウェーデンは賃金の差はあまりないのですか。

また女性などが 非正規から正規に戻るなどに関しては壁は本当にないのか。

③スウェーデンでは失業率が日本より高いようですが、実際はどうでしょう。

スウェーデンのハローワークに当たる職業訓練学校は

どのくらい就職につながるのでしょうか。

④日本では年齢があがると仕事の機会が減るが、スウェーデンではどうでしょうか

また起業という選択肢を選ぶ人はどんな方が多いか。

福祉や年金がしっかりしているが中で、歳をとっても働くような意欲につながるのか

⑤コロナによって経済や感染が悪化しているようですが、実際はスウェーデンの人は

どう思っているのでしょうか。

人にものを教えることは出来ないが相手の中にある力を見いだすことはできる。

You cannot teach a man anything you can only help him to find it with in himself.
人にものを教えることは出来ない、できることは、相手の中にすでに
ある力を見いだすこと、その手助けである。
(イタリアの天文学者 ガリレオ・ガリレイ)

自分を知るキャリアドリームワークは、普段あまり授業に関心のない
学生も皆真剣に取り組んでくれました。学生たちの感想からは、
思った以上に人生の過程でいろいろな事をやってきた自分を発見し、
自分は幸せだ、自分が好きになった、という意見が多かったの
ですが、中には、自分の弱い部分に注意がいってしまう人もいました。
また過去のことはいくらでも掘り下げられるのに、未来のこととなると
不安しか浮かばないという学生もいました。普段あまり自分の将来をきちんと
考えていない学生にとっては、とても頭を使って疲れるけれど大事だという
感想が帰ってきました。

最後に20歳の学生たちに半年後の未来へ自分への手紙を書いてもらいました。
そのいくつかを紹介します。

やりたい仕事が見つかっていますか?貯金をしっかり、やりたいことは迷わずやりましょう。

ちゃんと学校いっていますか?彼女と上手くいっていますか。お金は稼いでいますか。

ファッションが好き。絵は上手になりましたか。コミュニケーション能力を高めましたか。
やりたいことがいろいろあるので迷わずに前へ進んでください。

今のまま目の前の仕事に一生懸命取りくめば認めてもらえるはず。大変でもドラマや
舞台といった大好きな仕事ができていることを忘れず、感謝の気持ちをもって。周りの人や
家族、友人を大切に。

半年後の自分は資格勉強をしつつ、将来のこと考えはじめています。

何があっても揺らぐことのない強い自分の意志を持っていますか
不条理なことでもけして否定も肯定もせずに、誰に対しても中立でいてください。

ダイエットはどう。大学卒業したら日本で就職する、それとも国に帰る?

そろそろ就職を考えなくては。旅行のガイドをやりたい。

一日一日を大切にして絶対後悔しない生き方をしたい。

こんなやりとりから、ひとりひとりの学生の様子が見えてきます。

キャリアドリームは、30年にわたって1000人以上もの教育に
さまざまに関わってきた中から生まれたものです。
ドリーム・キャリアをはじめましょう。