願いをかなえる和歌コトバ

石麻呂に 我もの申す 夏痩せに よしというものぞ 鰻とり食せ

万葉集第十六巻には、ナンセンスなこっけいな歌がたくさん登場します。 宴席の芸として読まれた戯れ歌の数々は、即興的に歌われたようです。 ナンセンスな脈絡のない歌をつくるには、むしろ相当な才能が必要だった と思えるのです。 おーい、...
日本文化おもてなし

冬の犬吠埼と佐原の町並み

2月10日、日本各地で大雪の中、こちら犬吠埼の海は晴れていました。 成田まで仕事の主人を送り迎えして、金曜夕方からついでにちょっと旅。 関東でも時折小雪が舞い散る中、 ドライブ好きの私達が向かったのは、なんと犬吠埼。 今月末には成田...
小林範子ブログ

東京五輪ボート会場は彩湖に。水上交通で経済効果大

東京五輪ボート会場は彩湖に。水上交通で経済効果大 小池東京都知事のオリンピック会場変更計画で、彩湖案が浮上しました。 東京五輪ボート会場は彩湖にすることで、水上交通やサイクリングロードの 整備ができれば、経済効果は...
小林範子ブログ

川越①寺:喜多院3

客殿にはいってみよう。私たちが入る玄関は実は庫裏、お勝手口だったところだ。その左側を見ると真ん中に灌木があり、そこをぐるっと回ると。敷台があり、偉い方がのる御乗り物、籠が置かれていたた。敷台は非常に高い位置にある。乗り物から履物を変えないで...
小林範子ブログ

川越のまちに足りないものは?

7月3日の川越文化コンシェルジュ講座は、 川越蔵の会の原会長のお話でした。 タイトルは「歴史的景観をいかしたまちづくりへの取り組み」 蔵の会の一番街を中心としが活性化にむけてのこれまでの努力は誠に素晴らしいもので行政...
日本文化おもてなし

明治の大火と蔵造りの町並み

1893(明治26)年、川越で大火が起きました。当時の総戸数の3割強にあたる 1,300戸数焼失とされていますが、実際は大半のたてものが焼けてしまったのです。 この大火の後にようやく出来たのが、蔵造りの建物です。明治の26年から...
小林範子ブログ

江戸時代の町割りを残す川越の街並み

現在の場所に川越城が築かれたのは1457年のことです。 少し歴史の話をしますと、室町幕府は、足利一族を鎌倉公方として関東の支配権を与えたのですが 1455年5代鎌倉公方足利成氏は8代将軍足利義政に反旗を翻し、鎌倉公方を補佐する関東管...
日本文化おもてなし

クレアモールと川越の変遷

川越駅東口のクレアモールの現在の風景です。昔の所沢街道であった幅の狭い 道の両サイドに若者向けの店舗が集まっています。地元の買い物客と観光客など 通り道で賑わい、クレアモール商店街の通行量は埼玉県内で1位となっています。 川越の都...
日本文化おもてなし

百年でこんなに変わった川越の鉄道

副都心線が開業して 東横線・みなとみらい線と直通運転がはじまったのは2013年のこと。 川越から新宿、渋谷、さらに横浜まで直通でいけるのは、市民としては大変便利になったなあと感じています。 また、西武線の本川越駅も西口と駅前広場が出来、...
未分類

イタリアの魅力とルネッサンス芸術

 西洋の文化を理解する上で、どうしでも避けて通れないのが、 ギリシャローマ神話とキリスト教です。ギリシャ神話の題材などは 現代まで映画や文学、彫刻、さまざまなところに繰り返し生かされて います。これからソフトパワーの時代にあって、西洋...
日本文化おもてなし

川越ストーリー①寺:喜多院

喜多院(無量寿寺)のはじまり 喜多院は、平安時代、淳和天皇の勅により天長7年(830)慈覚大師円仁により創建された勅願寺である。川越の仙波 の地には古墳群に囲まれている場所があり、聖徳太子の活躍する以前、多くの住民が生活していた。下小...
日本文化おもてなし

松平信綱と川越

川越城の歴史をお話しようと思います。川越の基礎ができたのは、 松平伊豆守信綱の時代です。信綱の遺産がいろんな形で残って、 現在の川越のまちづくりの基盤が出来上がっています。 まずは町割り。信綱によって形作られた川越の町割は、 松...
日本文化おもてなし

江戸と川越を結ぶ舟運の歴史

現在の蔵の街川越と言われる商都川越ですが、江戸時代、それを支えたのは、舟運です。 ベニスのゴンドラのように、私たちの祖先も、舟で移動したり荷物を運んでいたのですね。 「船は千来る万来る中でわしの待つ船まだ来ない」...
小林範子ブログ

江戸の雰囲気の残る川越

川越の春まつりがはじまりました。 小江戸川越春の舟遊や蔵造りの町並みをいかした江戸の鳶はしご乗り、 川越藩火縄銃鉄砲隊の演武・マーチングバンド・和太鼓・大道芸など、 江戸情緒が感じられる町として春は賑わいをみせています。 ...
日本文化おもてなし

衣:アジアの手仕事の素晴らしさ

3月24日に久しぶりにコンサートをすることになって、衣装探しをしていたら、出会ってしまったのが、武藤守広さんの沙羅という服。 武藤さんは、養蚕農家に生まれ、幼少時代から馴染みのあった環境を青春時代に訪れたインドのバックパックの旅で思い...
未分類

新年にやったこと

新年になって一週間になろうとしています。最近は記憶が心配になっていたので 記録で補っていきたいと思います。 炭水化物ダイエットがはやっていますが、実は脳に関していえば、 炭水化物にあるブドウ糖しか栄養にできないので、炭水化物を ...
小林範子ブログ

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。本年2016年よろしくお願いいたします。 キャリアドリームを実現してには、次の3つのベクトル、方向性が必要です。 1 トップランナーの言葉、偉人・先人の残した文化に学ぶ、外に向かって向上を目指すベ...
小林範子ブログ

今年の一年を振り返って

年末というのは、毎年のことながらやることが多くてなかなか大変。 たとえば12月28日に、神棚や門松などの飾り物、ぎりぎりセーフ! 29日にはあらゆる掃除をして、清掃センターまでゴミ出しぎりぎりセーフ! 30日は年賀状を書いて出...
小林範子ブログ

あけぼのホール創立10周年

おかげさまで、あけぼのホール創立10周年になりました。 ショッパーから取材の依頼があって、そうか今年10年になるんだ と気づいた次第。なかなか10年続くのは珍しいのだとか。 フラットな空間なので写真にとってみると、演奏者によっ...
小林範子ブログ

人にものを教えることは出来ないが相手の中にある力を見いだすことはできる。

You cannot teach a man anything you can only help him to find it with in himself. 人にものを教えることは出来ない、できることは、相手の中にすでに ある力を...
タイトルとURLをコピーしました