「超えてゆこう川越」あけぼのホールでポスター撮影

「越えていこう、川越」ポスタープロジェクトで、あけぼのホールの写真をとりにきていただきました。小江戸川越観光協会による、活気ある市内経済・観光を取り戻すための、未来に向けての強いメッセージを市内外に発信していくプロモーションとして、「越えていこう、川越」のコンセプトポスター作成をみんなで応援しましょう。

「生きる」(谷川俊太郎作詞・小林範子作曲)の完成

谷川俊太郎氏のすばらしい詩「生きる」に小林範子が曲をつけました。コロナの中にある世界にむけて、この歌でみなさんに生きるエールをおくります。
「生きる」ということは、今この瞬間の、なにげない、ごくありふれた日常のささやかなできごとに目を向けて大切に味わうこと。音楽が詩に寄り添うようにシンプルな旋律の繰り返しの中、語られていきます。

YouTubeにあげてみましたので、感想をよろしくお願いします。

「生きる」 谷川俊太郎

生きているということ

いま生きているということ

それはのどがかわくということ

木もれ陽がまぶしいということ

ふっと或るメロディを思い出すということ

くしゃみをすること

あなたと手をつなぐこと

生きているということ

いま生きているということ

それはミニスカート

それはプラネタリウム

それはヨハン・シュトラウス

それはピカソ

それはアルプス

すべての美しいものに出会うということ

そして

かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ

いま生きているということ

泣けるということ

笑えるということ

怒れるということ

自由ということ

生きているということ

いま生きているということ

いま遠くで犬が吠えるということ

いま地球が廻っているということ

いまどこかで産声があがるということ

いまどこかで兵士が傷つくということ

いまぶらんこがゆれているということ

いまいまが過ぎてゆくこと

生きているということ

いま生きてるということ

鳥ははばたくということ

海はとどろくということ

かたつむりははうということ

人は愛するということ

あなたの手のぬくみ

いのちということ

フィレンツェに思う

コロナの感染騒動で生活スタイルが一新してしまっています。その直前に家族でイタリアに旅行をしました。私は旅行が大好きで、それも自由な旅に味をしめてしまって、旅先で偶然素晴らしい場所を見つけたり、出会った外国の旅行者と感動をシェアしたりできる瞬間はなんとも最高です。まさかその後こんな事態になるとは、当時は思ってもみなかったのですが。

中世末期はヨーロッパもコロナに似たペストに繰り返し襲われ、そこに戦争や飢饉が加わり、人びとは大変な生活を強いられていたようです。検疫隔離を意味する英語のquarantineクアランタンという言葉は、そもそもイタリア語で隔離する日数40日を意味する数字。東方から船の来る港には、貿易の品々とともにペストもやってきたのですね。

資料によると、フィレンツェは、12世紀後半には、トスカーナ一帯で、最も財力のある都市としての地位を固め、1182年には、自治都市(コムーネ)として認められました。その後、有力商人の集まる組合による政府が樹立され、共和国としての体制が整ってゆきます。

そんな中、薬の行商人からはじめ、金融業、高利貸として力を発揮したのはジョバンニ・デ・メディチというメデイチ家の開祖。 中世の商人は、多額の現金をもって整備されていない街道をゆくような大変危険な旅をしていたのですが、現金を持たずに旅ができるように、危険を減らすべく、世界最古の為替を作り、全ヨーロッパに支店をつくりました。その資金力で、領主から自治権を買い、自分たちの政府をつくったということです。

その後、14世紀、貿易や金融業によって多額の富をたくわえたフィィレンツェは、自由都市として発展してゆきます。

金貸しはキリスト教では罪とされたのですが、蓄えた富を教会に寄付し慈善活動をすることで罪が贖われるという教えから、メディチの当主達は、教会をはじめ様々な建築物や分活動に多額の資金援助をすることになってゆきます。

シニョーリオ広場にあるベッキオ宮殿。フィレンツェの市民たちは、当時ここにに行政府をおき、身分や家柄でなく、才能や実力本位の社会をつくりげました。

フィレンツェの街の中心、サン・ジョヴァンニ洗礼堂では、洗礼堂の扉の制作にはじめて作家の腕を競うコンクール形式が導入され、そこで優勝したのはギベルテイ。かのミケランジェロが天国の門とよんだいうその扉の前にはいつも多くの人が並んでいます。

また隣接するサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の巨大な屋根は、底コンクールで負けたブルネルスキが再起をかけてとりくんだ建築なのですが、巨大なドームは柱のない構造であるにもかかわらず当時世界一の大きさだったのだが巨大な丸いドームは威圧感を感じさせることがありません。

それまでの中世と違って、個人がそれぞれの才能を生かして活躍できる時代がこのフィレンツエではじまっているのですね。

そして、金融、経済、自治といった社会の側面から文化、芸術にいたるまでそんな自由で人間的なところが、自由都市フィレンツエの魅力なのだなあと、石畳を歩きながら思います。

ただし、フィレンツエ市民は非常に自治の意識が高く、絶えずメディチ家を追放しようともしました。今もシニョーリア広場にあるドナテッロのダビデ像、ミケランジェロのダビデ像もそうした自治意識の象徴となっています。

駅前の広場から旧市街にはいる角にあるホテル、バリオーニ。古いフィレンツェ様式の部屋は.この地の職人のつくった木製家具にが並び、寄木細工の床に、高い格間天井、鉛ガラスの窓などが、はじめてこの地を訪れた者にもその素晴らしさの街にその素晴らしさの一部が十分に伝わってくるのです。

おみあげにマーブルペーパーを買いました。

Youtubeサイトへのご案内

コロナで自粛がつづきますが、この機会に自分の足下をかためるべく、ウエブ発信に力をいれることにしました、その中のひとつでYoutubeのサイトを一新してまいります。気がついたら、Youtubeでの作品発信を始めたのはなんと2011年の震災直後でした。気がついたら50本の作品が無造作に並べてありました。

このyoutubeサイトが文化や社会問題と結びつけた音楽作品をつくり発信する小林範子のサイトです。地球温暖化や観光保護、多様性などの社会問題や歴史文化などを今考えてゆきたいことをテーマにした音楽作品です。また、自ら学び深めていったテーマによる講座など、さらに生き方や考え方を発信してゆきたいと思います。

https://www.youtube.com/user/kobayashinorikojp/videos

皆様と共有することで、さらに良いものにしてゆきたいと思いますので、シェアをよろしくおねがいします。

音楽作品については、今まで作曲してきた作品のYoutube版ですが、ひとつには、Youtubeの特性を生かして、他のアーティストや詩人、障害のある方などいろいろなコラボレーションによって生まれるものは何かとを意識しています。

映像作品は、音楽療法の可能性を追求した『ひろたんとピアノ』のように、音だけでは自分の中で完結せず映像がどうしても必要な作品の場合に新たなるチャレンジをしています。

講座は大学で都市と芸術という講座を受け持っている関係から、世界を旅をするように文化や社会、芸術を都市から見る講座やキャリアデザインなど一般の方が一緒に学んでいけるようなウェブ講座を目指しています。

父から受け継いだ理想の学校への思いは、私の時代になって人から技術や学問を教わるのではなく、創造や企画、実現など自問自答しながら答えを出し、形をつくってゆくことが求められる時代に確実に変わってきています。また人々も、一生涯にわたって、自らの学びを深めて自己実現をしていくことを大きな喜びにつながるものとして求めています。そんな自己実現への試行錯誤のひとつのあり方をネット上で公開してゆきたいと思います。

たなばたのうた

四月二十七日は父の命日なので、今年もすずらんを持ってお墓に参りも、近くなので散歩に行きました。ちょうど阪神大震災が起きた年、25年後の今年も大変な年になってまいました。

父が植えたすずらんは、毎年花をきれいに咲かせ続けてくれています。ほんとうに不思議、特に手をかけているわけでもないのですが、毎年、この季節になると、急に新しい葉がでてきて、きちんとに花を咲かせてくれて、スズランの庭は広がってゆきます。

先週は、大澤榮さんという詩人の方の詩を歌にして録音をしました。松山女子高校の吉田みどり先生のご紹介で昨年の暮れにはじめてお会いした方で、たくさんの詩をお持ちになっておられます。

その中から8作品を曲にすることになったのが1月だったのですが、海外に行った後、コロナ騒ぎが始まってしまい、最初は全くニュース付けになってしまいようやく落ち着いて自分の生活を取り戻して、CD録音と楽譜をお届けしました。その作品の一部を下記でお聴きください。また合唱曲に編曲して演奏する機会などもあればと思います。

作品一覧は次のよう

1.たなばたのうた(作詞 大澤榮 作曲 小林範子) 1:47

2.雨音のゆくえ(作詞 大澤榮 作曲 小林範子) 3:52

3.百木百花の道(作詞 大澤榮 作曲 小林範子) 2:42

4.あさぎりのきみ (作詞 大澤榮 作曲 小林範子) 2:30

5,尾瀬ヶ原 (作詞 大澤榮 作曲 小林範子) 2:11

6.未来 (作詞 大澤榮 作曲 小林範子) 3:09  

7.わたしにはわかるの (作詞 大澤榮 作曲 小林範子 3:31

8.登頂の譜 (作詞 大澤榮 作曲 小林範子) 2:54

9.しあわせのうた (作詞 大澤榮 作曲 小林範子) 3:31

春の庭で〜今日の一日

4月後半は庭に一気に花が咲き始めます。

春の日差しとともに

どんどん芽吹いて

一気に春の花のピークがやってきます。

バラ、モクレン、アイリス、ツルニチソウ、スズラン

毎日新しい花が咲くのですが

せっかく一生懸命咲いてくれているのだから

こちらもその気持に応えなくてはと

毎日草むしりをしたり

枝の手入れをしたり

草むしりをしたり、

水を撒いたり、

その間に

次に出ている植物の

枝を整えたり

とにかくも

春の庭は忙しいのです。

でも今年はこの

コロナの感染で自粛が続く中

庭の花の手入れをしてみて

その手応えに癒やされました。

近所の方が来られて

スズランを分けてね、と

楽しい会話も生まれます。

ズームを設定してみました

おはようございます。昨日の雨から一変して、今日は快晴。庭の手入れをしようと思ったらちょっと寒かったです

昨日はズームを導入してみました。ズームの良さはその場で話をしながら映像資料と音声、パワーポイントなどを切り替えながら一つの素材としてまとめられてコミュニケーションできることかとおもいます。リスクも指摘されてますけれども基本的には、最新のバージョンにすることとパスワードなどを設定することで対応できそう。

企業でオンライン勤務をしている方は毎日使っているかもしれませんが、私たちのような全部自分でやらなければならない中、せっかく立ち上げたので備忘録として、ズームを立ち上げたのかを備忘録を書きました。

パワーポイントも簡単に表示

Macブックの場合は、カメラも内蔵マイクも入っているので、特に機材を購入する必要もなく、ズームをダウンロードしたら、GoogleやFacebookでサインインして、ミーティングを立ち上げ完了。

ミーティングを立ち上げたらマイクとスピーカーはシステムと同じを選択すると、音声が正常になります。

セキュリティー上の設定しては、講義の場合は画面の共有と待機室の有効化をはずしました。

DVDの映像も写せます

DVDなどは外部端子からUSBで接続し、Quick Time Playerで新規ムービー収録を立ち上げます。これらをパソコンのデスクトップ上に配置しておきます。

ここからが本名ですが画面の共有のボタンを選択して、デスクトップ画面つまりモニターの映る画面とPowerPoint等の資料の画面、およびビデオ等の外部USB画面、さらにYouTubeなどの動画を切り替えて画面の共有を図ります。

私の場合はこれをレコーディングし、ミーティング終了と同時にMP 4にして、

プレミアで編集します。

意外と簡単にここまでの作業が出来ました。

自宅サロン&オフィスを快適にリノベ

自宅で過ごす今は自宅サロン&オフィスのリノベを楽しんでいます。
大量の本を片付けて、捨てられなかった書類類もようやく処分して。
ひとつひとつ思い出があるので、なんとなく捨てられずに来ましたが
テレワークの流れが長期化する中、未来のワークを先取りして
オンラインでのレクチャーやミーテイングなど始めて行く予定です。
そのためには、まずワークスペースが快適でなくては、ということで
あけぼのホールに続き、あけぼのサロン&事務所のリノベに挑戦。
まずは本の移動からはじまり、レクチャールームとして快適なスペースに
なるように模様替えしてみました。

令和元年度事業報告書〜NPOアートバーブズの1年をふりかえって

この時期に毎年大変なのは、NPOアートバーブズの事業報告書づくりです。昨今はHPへの掲載も義務付けれています。

令和元年度事業報告書の内容はこちらになります。

https://kobayashi-noriko.com/wp-content/uploads/2020/04/令和元年度事業報告書最終.pdf

NPOアートバーブズは、平成31年度、川越市地域づくり推進課との協働事業「こえど市民活動ネットワークプロジェクト」事業を委託されて、川越市においてさまざまな市民活動の連携を図り、つながりをつくるため、活動を継続してきました。

市民活動支援講座の2回開催や情報誌「ひと、まち、ねっと」発行にくわえて、シンポジウム「市民活動フォーラムin川越2020~現場からの報告会」を開催し、日頃の実践の課題やビジョンを共有することができましたが、NPOとしては、はじめての試みでした。

川越市民活動情報誌 ひと、まち、ねっと 5,6合併号

また、国内外からの観光客誘致が進む中、川越を英語で語るシニアや子供達を育成すべく「英語と日本語と音楽で語り伝える川越コンシェルジュスクール」川越市文化芸術振興課の講座シリーズを開催しました。最後の発表ステージとそれにむけての準備は残念ながら、コロナウイルス問題で自粛となりました。

ライブラリーと資料室が出来ました

あけぼのホールの別棟2Fにライブラリーを作っています。このコロナ騒ぎの中でようやく自宅にこもって完成しそうです。

大学の先生をしていた主人が退職して、大量の書籍が自宅にやってきて家が倉庫状態に。ストレスが溜まってしまう中、大量の書籍やビデオなどを整理して収める場所をつくり、さらにはライブリーもつくり活用できたらと思っています。

実際に作業を始めたのは3年前、その後どんどん書籍が増え、またパニック状態に。なにせ書籍が重たい。運べないので、学生さんに休みを利用してすこしづつバイト手伝をしてもらい、なんとかライブラリーの完成に近づきました。

あけぼのライブラリー
あけぼのライブラリ

ちょうどコロナ騒ぎで、外出もままならないので、ここで一気に片付けようということになり、昨日までにようやく完成の目処が。

1階の倉庫の壁には自分たちでスタイルフォームを張り込み、その上に大量のビデオを並べました。あとはDIY で床を貼れたら。

倉庫は資料室に返信

シャッターを外してドア設置と、エアコン設置だけは業者さんにお願いしようと思っていますが、今どなたもとても多忙そう。

自宅待機期間中に自宅修理をしようと考えている方も多いのでしょうか。